実家にありました。

後期高齢者の父が買った本です。2008年7月初版。

福田前首相が通称「長寿医療制度」とするとして、今年の確定申告の手引き等にもそのように書いてありますが、ニュース等を見ているとあまり浸透していないような・・・
まるで人生の最期のようなネーミング。不評だからと「長寿」にしてもなかなかイメージアップはしませんよね。

この本、日本全体を長屋に置き換えて、大家さんを国・地方自治体、店子を高齢者、大家さんの息子を現役世代としてそれぞれの立場からこの制度を描いています。

ちょこっとマンガも散りばめながら、長寿医療制度のポイントをわかりやすく説明していました。
長寿医療制度わけわからん!と思っている人にはオススメです。

もうすぐ確定申告ビジーシーズン。私も税務相談会に(税理士として)行きます。私が担当するのは公的年金受給者の方々のみの日です。長寿の方も相談に来られるでしょうか・・

もちろん、この制度も確定申告にはかかわってきますので、頭を整理しておこうと思って読みました。

実家から帰る京阪電車(40分くらい)で読み切りましたよ〜。

「後期高齢者医療がよくわかる」寺尾正之著 リヨン社