27日〜29日まで、アメリカ人の会計士の方のお手伝いでした。
大阪にある某企業に監査に来られたのです。

いやはや、もうひとり東京から来られた米国公認会計士(日本人です)の方が、英語ができたので、助けてもらえましたが、仕事の指示やほうれんそう(報告・連絡・相談)のやり取りを英語でやるのは、ホント難しいです。

英語力がないので、指示を聞き間違ったらえらいことになります。恥ずかしがらず、紙に書いたり、パソコンの画面を見せたり、米国公認会計士の方にヘルプを求めたりしながら、なんとか無事に3日間終了しました。

こういう時(・・・でなくても、外人さんの道を聞かれたり、海外旅行をした時)、英語できたらなぁ〜と思うのですが、その時だけ。
結局、次このような機会がきても、同じように思うのでしょうね。
そうこうしているうちに、人生終わるんですよね。やろうと思ったらやらなくちゃだめですね。

英語、もう一度がんばってみようかしら・・。

とりあえず疲れました(笑)