8月21日(日)16時半ごろ晩ご飯。夜からぐったり・・お腹が熱いような。

8月22日(月)何も食べない(これは一大事!!)。ぐったり寝そべるばかり・・朝イチ病院へ連れて行く。熱も高い。いろいろ検査をしてもらうことになり、そのまま預り。

8月23日(火)朝、病院へ。血液検査、血小板めちゃ少なく、肝臓数値超異常。熱は下がっているので木、金には退院を目指す・・と言われたが。

夜、急変!!
また熱が上がり、20時頃に電話あり。また、0時過ぎにも電話あり、「やることはやりましたのであとは祈ってあげてください。」と言われる。

8月24日(水)朝、病院へ。夫も午前半休で会いに行く。ぐったりして、目だけ動かす。私たちのことはわかるようだ。
でも、これはもうアカンなぁと主人と話す。

1人帰宅し号泣。いなくなるなんていやだ。でも、ありがとね。・・なんて言いつつ。

8月25日(木)朝、病院へ。大好きな牛乳をしみ込ませたコットンを持って行く。
L06A0011


なめた〜!!

8月26日(金)昨日の牛乳で生きる力が湧いたか??エサも食べられるようになり、元気になってきた。
L06A0008

点滴の針が留置されているので、ネッカーをつけられている。昨日まではそんなもの気にする元気すらなかったのに。

8月27日(土)血液検査の結果がまだわからない。いろいろな異常数値、熱の原因がよくわからないまま。

8月28日(日)それまで看護師さんの近くの部屋にいたが、この日は違うフロア(ペットホテルと兼用)へ。「一般病棟へ戻った。」犬。人間の入院と同じ。

8月29日(月)この日退院する予定が、鼻血が出て延期。鼻血は入院1週間前から出ていて、最初はそれで病院へ行っていたのだが。入院後は出ていなかった・・血小板が少ないので血が止まりにくい。

8月30日(火)こんなに元気やのに。
L06A0006


8月31日(水)ようやく血液検査の結果判明。アデノウイルス儀拭陛狙性肝炎)だった。ワクチンは接種していたけど、儀燭旅蛎里呂呂い辰討い覆ぁ吻況燭旅蛎里猫儀燭睛祝匹任るらしいが、それにも限界が・・)
また、好中球減少症の疑いもあるらしい。

9月3日(土)
台風12号がのろのろ進む中、まだ雨が降っていない午前中に退院!自転車の前かごに乗せて。
L06A0002


そして、この日はうちの犬(まめ)の誕生日でもあり・・。もう11歳にはなれないとあきらめていただけに、喜びも大きかったです。
388487077


まだまだ安心はできませんが、ちゃんと気をつけてあげて、私たちと1日でも長く、ほのぼの暮らせるようにしたいです。