吉村作品入門者の私であるが、2冊目は吉村氏の遺作。
短編集の中に、吉村氏の次兄の死にまつわることを書いた作品が2つあるのも興味深い。

妻の津村節子氏の「後書きに代えて」また「紅梅」で書かれているように、吉村氏は見事に自分の死を決し、この作品に書いたように他人に「死顔」を見せることなく旅立った。

私も常々「どうやって死んでいくか」を考えているが、この作品を読んで、やっぱり最期は自分でコントロールしたいと強く思った次第である。

死顔

死顔
著者:吉村昭
価格:399円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る