日本経済新聞 2013/4/26 14:02

安倍晋三首相は26日午前、首相官邸で逢沢一郎自民党選挙制度調査会長、北側一雄公明党副代表らと会談した。逢沢氏らは成年後見人が付いた人は選挙権を失うとした公職選挙法の規定を削除し、被後見人に選挙権を与える同法改正案を今国会に議員立法で提出する方針を伝えた。首相は「ぜひその方向で進めてほしい」と述べ、早期成立を指示した。

 会談では逢沢氏が「野党の理解も得て、5月中にも公選法改正が実現するスピード感で対処したい」との考えを示した。

 自民党は25日の選挙制度調査会などの合同会議で、同法改正案を今国会に提出し、夏の参院選から選挙権を付与する方針を確認した。


細かいところもしっかりお願いいたします。
やっぱり夏の参院選はデカいね