2012年10月に腰を痛めてから何度も再発・・
その影響か左膝に腸脛靭帯炎を発症し・・
満足な走り込みもできずに臨んだ今年のいわて銀河100km

満足できない走り込み量でどこまで行けるのか?
よーくわかった1日だった

現地のスタッフやボランティアのみなさん、参加された選手のみなさん、ありがとうございました

そしてサポートしてくれた夫にも感謝

スタート前。保温のための巻きスカートはGood!スタート直前に上着とともに夫へポイっと。
00スタート前


午前4時スタート!
01スタート!!


夜が明けてきたっ。まだ5劼眩っていないこの頃には左膝アイタタタ
02夜が明けてきた


まだ影が長〜〜い(走れよっ(笑))
03影が長ーい


いやはや良いお天気で。
04エエお天気〜


花巻市〜!!
05花巻入り〜


さ〜こっからですってば(上り上りトンネルトンネル)
06さ〜ここからです


・・・とその前に、スペシャルエイド
07スペシャルエイド


宮沢賢治氏著「なめとこ山の熊」←2年前も同じトコで写真撮ったし(^^ゞ
なめとこ山は変わらないが、私の状態は2年前とはずいぶん違った・・もうヘロヘロで〜
08なめとこ山の熊〜


もう写真撮る気力ない・・


はっ( ̄◇ ̄;)


ここはゴール会場!チャグチャグ馬コが(73.3km地点からの)リタイアバスをお出迎え〜
09ちゃぐちゃぐ馬っこ


66.5劼離譽好肇好董璽轡腑鵑鮟个觧、次の73.3km関門は微妙だった。
関門手前1匱紊里箸海蹐任修了間を過ぎたことがわかった。
でも、今回の私のゴールは73.3kmだ。最後までしっかり走るのだ!
・・・そんな気持だった。


完走できなくても焼き肉&冷麺は必須(^_^)v〜盛岡にて〜
10完走しなくても焼き肉・冷麺


さらば岩手山!
11岩手山


仕上げは新幹線にてこれですわ(^ー^)─∀☆ ∀─(^ー^)
12やっぱこれでしょ〜


なんやかんやで楽しい旅だった