ここにわたしは居ません〜〜♪そのとおりっ

一昨日の七回忌・・あの墓にも母のDNAは残っていても、母は居ない。
ましてや、千の風にもなっていない。

だが、墓の前での読経の後、ひとり残ってモーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」をスマホでかけた。

あれは・・まだ母が60代のころだったか・・?
「私のお葬式は、モーツァルトの流れる中で、お菓子と紅茶出しておしゃべりでもしてもらうのがエエわ〜」
と、どのくらい本気やったかわからへんけど言っていた。それを思い出したのだ。

墓の前でモーツァルト。

結局はワタシの自己満足なのだが。

今日は母の85回目の誕生日
もし生きていれば・・と数えるようなトシでもない〜