実家(京都市、伏見)に居た頃・・

遊びに行くのは四条とか三条界隈が多かった。

三条京阪前にある像は、おそらく京都市民の90%が知っていると思うが、それがどういう人物であるかを知る人は少ないかもしれない。

ワタシもそうだ。

若い人たちは「ほな、土下座像前で!」・・などと失礼な誤解をしていたと伝えられている

ワタシもそうだ。

ここで待ち合わせはしなかったが、土下座をしている・・と思っていた。

子どもの頃、母に「土下座したはるんちゃうえ。」と説明された記憶がある。

さて、この人物、高山彦九郎正之を描いた「彦九郎山河」を読み始めた。

もちろん!吉村昭氏の作品

10月3日、所用で三条に行くついでに彦九郎さんにご挨拶。
読み始める前に、なんとなく見たくなったのだ。久々〜
京阪が地下にもぐってからかなり経つ。ここで待ち合わせをする人も減ったことだろう。


IMG_4014
御所に向かって拝礼する彦九郎の像・・この姿は「彦九郎山河」に描かれているかな?