そうそう、前回は日田市への出張前乗りの話題だった〜
9日に大阪に戻り、10日は別のクライアントへ、11日夕方に実家へと〜。
老父が最近よく咳をしていて近所の呼吸器内科には行っていたのだが、この11日はけっこうきつそうで。

案の定。

12日に父よりTELあり、病院へ行ったらそのまま入院ってか〜
(肺気腫とのことで、20日には退院したのでご心配なく

こうなると早速困るのが、別宅に住む次兄である。カテゴリ「統合失調症」に書いてきたように、基本的には父が毎日訪ねていたワケで。

実家で一緒に暮らしていた頃から片づけは得意ではなかったが、最近は特に顕著になり・・
食器汚れたまま、食卓ではないところにもコンビニやパンの袋も放りっぱなし、空き缶置きっぱなし(甘く冷たいコーヒー等をがぶ飲みするのは統合失調症患者の特徴)・・1日空けるともう大変と父が愚痴っていたワケで。

13日、16日と実家→次兄宅→父病院ルートで父が要介護になった時の予行演習というか、父入院やったからマシやけど、父自宅で要介護になったら絶対ムリやな〜
ワタシ大阪市民、次兄宅=京都市北西部、実家=京都市南東部・・・この位置関係(笑)

16日には実家と次兄宅でゴミ処理+ゴミ出しを〜
父もゴミの分別についてはツメが甘く(笑)その父が次兄宅のゴミをまとめてるし、もともと発達障害気味+統合失調症の次兄にキレイに分別せいというのも酷な話で・・

これがま〜〜ぁああああああ大変っ!缶もペットボトルもプラスチックも洗わずに捨ててるし、こんなん再資源化できるわけっ???
実家のゴミ整理もけっこうひぇ〜 って感じやし、次兄宅では洗濯機をまわしつつ、台所の洗い物とゴミの整理に2時間を費やした。

母が亡くなってから8年間、仕事はしていない自由の身とはいえ、父は86歳の今までこれをがんばってきたんやなぁ〜・・と思った。大変だわ。
訪問看護もヘルパーさんも結局は断ってしまって(女性に免疫のない次兄にはかえって負担になることもあり)・・その分家族がやらないといけないのだけどもぉ。

父が軽症で20日に退院してすぐに次兄を訪ねていたのには驚いたが、無理をして欲しくないのでワタシも引き続き2〜3日おきに訪ねている。
父にもいつ何があってもおかしくない。

やっかいなのは服薬である。

6月8日の診察で14日分の薬(大量!!)をもらってきていたハズが、16日にはひとつも残っていなかった。
もうここには書かなかったが、2014年末に病院でのデイケアに行ったときに、4日分の薬を一気に飲んでしまいフラフラになってしまってそのまま入院し、退院まで3ヶ月かかった。その時父は「気ぃつける」と言っていたけど、一緒に暮らしていなければ無理な話。

父が最近いつ訪ねてもずっと寝てる・・と6月11日に言っていたのだが、おそらく薬を決められた以上に飲んでいたからだと思われる。
てなことで、22日の診察まで少なくとも6日間は飲む薬がない状態に

16日に次兄を問いただすと、「寝られへんから」・・・OMG死にたいんか?・・とは言えない。「今はもう眠ることだけが生きがい」と言う次兄にそれは言えない。眠ることが生きがいって死ぬのとどう違うん?ツラいなぁ。
この日は久しぶりに次兄と30分くらい話をした。

このドタバタの日々でショックだったのは、お世話になっておりワタシも何度も会って話をしている主治医の先生が6月からお休みされていること
仕方がないのでケースワーカーの方に何度か電話して状況を相談しつつ、6月22日(診察日)前日に代診の先生宛てにファックスで最近の状態や薬の件をお伝えした(っちゅうか伝わってますように!)特に服薬については強く指導してください・・と。←こういう動きが父にはできない(掃除・洗濯等、生活の面倒だけ)

そして、2日後の今日は缶・ビン・ペットボトルを出す日なので、7時過ぎに家を出て次兄宅に薬の飲み方守ってや!!と口を酸っぱくして次兄に念押し。でも、預かることはしなかった。お金もワタシが預かってるし、すべてを妹に管理されるなんて嫌やろうし。何かあったらその時のことかな・・冷たいかもしれんけど。
今日、明日はまぁまぁ晴れるので洗濯モノもよく乾きそうでよかった

明日次兄宅に行くであろう老父が見ても見なくてもどっちゃでも〜の気持ちで書いたメモ↓
今日のメモ

これからどうなっていくのか?ちょうど仕事がひと段落した時期で助かったけど、4月5月はとても無理。しかも父も次兄もとなったら、次兄は嫌でも色々なサービスを利用するしかないな。

勉強しとかんとなぁ〜

スロージョギング、忙しくてなかなかできなかったけど(言い訳〜)昨日から再開
久々の大阪城公園から歴史博物館・NHKを望む
気持ちよかったぜ