2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:818ページ
ナイス数:59ナイス

般若心経講義 (角川ソフィア文庫)般若心経講義 (角川ソフィア文庫)感想
読み終わって、さぁ「般若心経とは?」と聞かれると答えられない。引用やたとえ話多数で読みやすくはあるけど、で?般若心経って?と考えるとわからない。これは私の理解力のなさかな^^; 著者の広い守備範囲に驚く。仏教のみならずキリスト教にも言及、国内だけでなく海外文学からも多く引用。
前書きには昭和22年とあるが、現代の私にもためになる話がいっぱいあった(多少古いなぁと思う考えもあったけどほんの少しだ)。「ぶらずに、らしゅうせよ」私はこの引用がいちばん響いた・・・けど、般若心経のどの部分の話だったっけ?(笑)
読了日:2月5日 著者:高神覚昇

ラク〜に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経ラク〜に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経感想
猫ちゃんに癒される(^^)前回の「般若心経講義」が長く説明が細かったので、こちらはすぐに読めた。最後に「般若心経」全文と訳が載っているのもわかりやすいと思う・・・が、やはりピンとこない。わかったようなわかっていないような。般若心経な年、まだまだ読みます。
【掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦 菩提薩婆呵】(法事等で)ここまでくると 「ああ終わる」とホッとしたものだが、ここだけは玄奘が訳さず梵語の音に漢字を当てたそうで、そのせいかいちばんよい響きに思える。一言、「煮詰まる」の使い方間違ってましたよw
読了日:2月13日 著者:加藤朝胤(監修)

寄り添う般若心経寄り添う般若心経感想
iPhone アプリ版(有料)を入手。内容は同じのはず。般若心経も聴ける。脳性マヒの著者の詩と著者の介助者でもある写真家の写真、般若心経の意訳で構成される。
前に2冊般若心経の本を読んでいるからかもしれないが、なんとなく般若心経の言うところがイメージできるようになってきたかも。生まれた時から重度の障害を背負い、ある意味「悟らなければ」生き抜けない著者の詩が、一見般若心経と繋がっていないように見えて、実はそういうことかも、と思わせてくれる。オススメです。
読了日:2月17日 著者:松兼功,小野庄一

どうして私、片づけられないの?―毎日が気持ちいい!「ADHDハッピーマニュアル」どうして私、片づけられないの?―毎日が気持ちいい!「ADHDハッピーマニュアル」感想
片づけの途中で他のことを始めたり、ついつい出てきたものに心奪われたり、その時やらなくていいとわかっていてもやめられずに出かけるのがギリギリに・・なんてことはしょっちゅうあるが、トラブルまでには至っていない。私も含めそういう人も多いのではないかと。
この本にもあるようにADHDは脳の働き方のクセや偏りが継続してしまう状況。クセや偏りはどこからが障害でどこからが障害でないという線引きは不可能。誰だって「要素」はある。なので、ここに出てくる事例に合わせた対処法は参考になるものもけっこうあった。
読了日:2月22日 著者:桜井公子

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)感想
父購入本。87歳翁が「お?」と思うのはどういうところだろう。『ゼロ』も買ってたし・・。『一秒も後悔しない生き方』いやいや、父にはちょっとくらい後悔してもらわねば困るww
1時間くらいで読める分量。ホリエモンが本書で述べているように、情報として、または自分とは違うタイプの人間の考え方として「浴びて」忘れてしまえばイイかなと思った。
愚痴を言う暇があったらとにかくやること!言い訳しないこと!このあたりは肝に銘じます(^o^)
読了日:2月27日 著者:堀江貴文


読書メーター

父からもらった塩昆布、ただし父が山崎作品を読んだことはない
久々に山崎先生の作品も読みたいな・・