否。自己満足でしょうね

統合失調症次兄の巨大化が止まらず、今年とうとう主治医から私に直接TELがあった。
定期的に行っている血液検査の結果を受けて・・ほぼ「糖尿病」です。甘いモノは控えてくださいと。
(次兄は苦しみを紛らわすために缶コーヒーやジュースをしょっちゅう飲んでいました。甘い冷たい飲み物をよく飲むのはこの病気の人の特徴です。とりあえずノンカロリーならOKと主治医がおっしゃるのでゼロカロリーコーラを飲むように言っていますが、それでも時々カルピスウォーターやファンタを飲んでしまうことがあります。)

母が亡くなってから去年6月まで父が次兄にお金や食べ物を届けていたわけであるが、その頃から父も「腹がすごいことになってきた!ズボン入らんようになったし新しいの買った。」等々言っていた。
その割には『まるしげ』(菓子類の安売り屋さん)などで買ったお菓子を次兄に持って行くので、食べ物差入れ禁止令を何度も出していた。主治医からTELがあったことももちろん何度も話した。

のに!

今日、次兄宅で掃除をしていたら父がやってきた。何やら袋をぶら下げて・・・
「お父ちゃんっ!甘いモノあかんゆーてるやん!」と小声で叱りつけ(笑)
「ほな持って帰って。」と父が言い、私が持って帰って来た。次兄に何か持って行ってやろうという気持ちはわかるけど・・腹がすごいってわかっているのにどうしてわざわざカステラ?

これは老化以前の問題だと思う

今日も次兄は調子が悪く横になっていた。それを見て父は案の定「寝てるんか?」と口に出す。
これも何度も「なまけてるんちごてしんどくて動けないんやから、ゆっくり休みや〜の一言でもゆうてやって。」と言っているが、どうしてもわからないようだ。

次兄発症から35年以上。統合失調症という病気のこと、薬のこと、その患者が陥りがちなこと、ほぼ理解できなかった父、もうすぐ88歳。
あかーん!