2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2354ページ
ナイス数:56ナイス

ニュースで伝えられない この国の正体 大阪の挫折と日本の行方ニュースで伝えられない この国の正体 大阪の挫折と日本の行方感想
父購入本。辛坊さんの話は嫌いではない、というかおもしろい。実際の喋りでも、こういう本でもちょっと人を馬鹿にするところは気分悪いけど、情報のひとつとしてサクッと読む分にはいいかな。自分では買わないけどね。
読了日:11月1日 著者:辛坊治郎

【現代語訳】呉秀三・樫田五郎 精神病者私宅監置の実況【現代語訳】呉秀三・樫田五郎 精神病者私宅監置の実況感想
東京帝国大学医学部精神病学教室で明治43年から大正5年までに精神病者私宅監置の状況を実地視察させた記録の現代語訳。写真・図多数。どんどん読めた。視察者が実際に各地を訪れて記録した当時の情報は生々しい。東日本が多いのになぜか広島が西日本で唯一調査地になっていて「?」→調査員が公費で郷里の広島に帰ったという解説あり(笑)こういうことも含め今に通じることが多かった。精神病者救済・保護のため緊急に必要な事項のひとつに呉は「一般人に精神病に関する知識の普及をはかること。」を挙げている。今に通じ過ぎるわ、ほんま。
読了日:11月4日 著者:金川英雄

超一流の雑談力超一流の雑談力感想
父購入本。88歳の父は「出版社のマーケティング巧拙」のバロメーターじゃないか?と最近思う。高齢ゆえ【死・老い・若返り】に関する本でそこそこ目立っていると飛びつく。そのテーマでないにもかかわらず「お?」と思って父が手を伸ばすということはそれなりに何かが父の琴線に触れているということだ。「コンビニ人間」は既に3冊購入(買ったこと忘れて)。芥川賞+題名だと思う。超一流・・。題名+帯か?本屋のディスプレイまではわからないし。 と分析しつつ・・ちょっと「盛り過ぎ」?このタイトル。そんなにスゴイ内容ではないような。
読了日:11月7日 著者:安田正

マンガでわかる! 統合失調症〔家族の対応編〕(仮)マンガでわかる! 統合失調症〔家族の対応編〕(仮)感想
高森信子氏著「家族が知りたい統合失調症への対応Q&A」や「統合失調症の人の回復力を高める家族のコミュニケーション」(NHK厚生文化事業団制作・DVD)の内容がかの中村ユキさんでマンガになった本。よって、既知のエピソードが多数登場したが、マンガもまたよかった。わかりやすい。高森氏の著書を読んで少し心がけて見たら兄がよく話をしてくれるようになった経験アリ。あの頃の両親にこういう本があったら、もう少し兄も救われたかもしれないといつも思う。統合失調症の人との接し方に悩む家族(特に親)に読んで欲しい。実践すべし!
読了日:11月8日 著者:

ルポ 老人地獄 (文春新書)ルポ 老人地獄 (文春新書)感想
父購入本。相変わらずタイトルに釣られる老父は88歳、戦中戦後は大変だったろうが、やり手の祖父のおかげで家は自腹ほとんどなし、年金も敬老パスも十分恩恵を受けている。この本あまり関係なし。私というしっかり者の娘もいるしねw
これからですよ問題は。この本を読むと、子なしの私はとりあえず65歳で退職後、少し遊んで、貯金が尽きる頃に死ぬのが幸せだと思うなぁ。今の子ども若者のためにも長生きしたらアカーンwwどうやってうまいこと死ぬか?これが難題だ。
読了日:11月25日 著者:朝日新聞経済部

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

以下、勉強本
2016年度版 FP技能検定教本1級5分冊タックスプランニング2016年度版 FP技能検定教本1級5分冊タックスプランニング
読了日:11月7日 著者:

新・精神保健福祉士養成講座〈3〉 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎・専門) 第2版新・精神保健福祉士養成講座〈3〉 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎・専門) 第2版
読了日:11月12日 著者:
NHK 社会福祉セミナー 2016年8~11月 (NHKシリーズ)NHK 社会福祉セミナー 2016年8~11月 (NHKシリーズ)
読了日:11月29日 著者:
2016年度版 FP技能検定教本1級6分冊相続・事業承継2016年度版 FP技能検定教本1級6分冊相続・事業承継
読了日:11月29日 著者:
精神疾患とその治療 第2版精神疾患とその治療 第2版
読了日:11月29日 著者:

読書メーター

某会報に「マイブーム」と題したミニ投稿した時に撮った写真(照)
そろそろ吉村作品に帰りたい〜^m^