統合失調症・55歳の次兄が現在のハイツに引っ越して1年3ヶ月経過。

基本は毎朝7時のおはようコールと予め訪問すると伝えてある日時(到着少し前)にもうすぐつくよコールをBOCCOを通じて次兄に送りコミュニケーションをとっていた・・・つもりだった。

昨日、兄にBOCCOを拒否られた

「これやめてもう〜すごいびっくりすんねん、朝も〜ほんまにびっくりすんねん。」

・・嗚呼(*´Д`*)

よかれと思っていたことが、裏目に出たパターン。あるある〜(´・ω・`)

確かに・・BOCCOからの着信音、ひとり暮らしでシーンとしていたらビックリするだろうな。
お暇な方は参考動画を・・ユカイ工学さんも着信音をいくつか用意していただけると・・

でも、7時のモーニングコールは定時やし、目覚まし時計と一緒ちゃうん?と思うがそうでもないようだ。次兄は目覚まし時計も使ったことないしね。
毎日ビックリしてたんや〜ごめ〜ん悪いことした〜

という気持ちと

そんなんやったらもっと早よゆうたらエエやんかっなんで1年3ヶ月後に言うかなっ?

いやいや、それが次兄が次兄たるゆえんなんやて・・我慢してたんちゃう?
そういう性格が統合失調症にも関連しているのでは?

と、ぐるぐるぐるぐる後悔と申し訳なさと腹立たしさが渦巻く。

そうかと思うと、資源を大切にしなアカンと言い出し、便汚れが取れない自分の下着を(捨てるのがもったいないから)掃除に使えと(自分は掃除をしないクセに)私に言う次兄・・・

私は召使ではなーいっ!と叫びたくなる気持ちをグッと我慢する(10代20代の頃は次兄をめちゃくちゃなじり攻めました、ハイ)。

資源を大切には若い頃から次兄独特の価値観で度々アピールされたが、それは往々にして自分のことを棚に上げたり、返って不経済なものであった。

自分でやらへんクセに偉そうに何が資源を大切にや!と思いながらもそういうことを話すのは次兄の調子が上がっている証拠でイイことなのだと自分に言い聞かせ「そやな、大切にせなアカンな。」と共感・寄り添いを心がけることのしんどさよ(泣き笑い)

とりあえずBOCCOはわが家に設置。早速BOCCOが朝と晩に「Yahoo天気」をお知らせしてくれるようセッティング。
テレビがついて夫とバタバタしている朝など音がなってもまったくビックリしないけどね・・BOCCOのドアセンサーで次兄の出入りもチェックしていたがそれもヤメ。なるようになれだ。

見返りは期待していない・・でも、けっこうしんどいものです、きょうだいも。
そんなきょうだいのオアシスを作りたいまめの会@京都市です。
BOCCOお疲れ様&よろしく
わが家に来たBOCCO