外来の日である。
9時から9時半の間で予約しているが、診察券は9時前からでも入れておける。
もちろん早い順番で呼んでもらえる。
8時40分くらいに実家へ到着したが、母はまだ朝食中。

結局9時24分に病院へ到着する(時間がないのでタクシーで行った)。
咳が出るので肺のレントゲンを撮ったが、転移はしていないようだった。
出だしが遅く待たされる上にレントゲンまで撮ったので、半日仕事になってしまった。

次回はCTを撮るので12月26日に予約。
この日のCA19-9は69,140であった。これこそ倍々。
10,000→20,000→30,000ときて70,000である。

この勢いで癌自体は増えているのである。しかし・・
相変わらず食べ物への執着はすごい。
本人はたくさん食べるわけではないが、これはおいしいんやろか?これどんなんやろ?チラシやTVにいちいち反応する。

知的な会話はほとんどない。
ニュースを見ていて、殺人事件等凶悪事件はわかりやすいらしく、「ひどいことするなぁ。」と憤る。
それ以外は、顔や見かけのことばかり言うようになってしまった。「あの顔は・・・」「あの人はあんな顔をしていたか?」顔、顔、顔。
健康な頃は、よく本を読む物知りな人であったが・・「あの顔は・・」「あの鼻の形は・・」TVに登場する人を見るたびにそうくる。
食べ物が出てくるたびに「あれはおいしいやろか・・」「私はあれは食べとない・・」

いい加減うんざり・・・してはいけないのだろうか。

他の方の病気関係Blogはこちら
人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット